2016年5月17日火曜日

インフラエンジニアがWordPressを構築する。(CentOS7)

PHP、MySQL、CMSと最近興味のあるワードについて勉強しようと考えているときに
お勉強としてWordPressが最適かなと思い、今更ながら構築してみました。
ので、セキュリティ等は一切考慮しておりません、お勉強用です。

とりあえず下記環境にて

 CentOS7 minimal
 PHP 5.4.16
 MariaDB 5.5.47(CentOS7ではmysqlを指定してインストールしてもMariaDBになりますね)

【事前準備】

 ・/etc/selinux/config にてSELINUXを無効化
 ・最低限以下のパッケージをインストール、有効化
 
 
  yum -y update
  yum -y install mariadb mariadb-server php php-mysql wget
 systemctl enable mariadb.service
 systemctl start mariadb.service
 systemctl enable httpd
 systemctl start httpd
 
【導入準備】

 日本語WordPressパッケージをダウンロードしデータベースとユーザを作成します。

 
  cd home
 wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
  tar -xzvf latest-ja.tar.gz
 
 
 
 mysql

 MariaDB[(none)]> CREATE DATABASE wordpress; #wordpress がデータベース名
 MariaDB[(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO "admin"@"localhost" #ユーザ名 admin ホスト名 localhost
 MariaDB[(none)]> IDENTIFIED BY "password"; # password パスワード
 MariaDB[(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
 MariaDB[(none)]> EXIT

 

  WordPressをインストールするためのwp-config.phpを作成します。

 
 cd /home/wordpress
  cp wp-config-sample.php wp-config.php
  vi wp-config.php

 
 mysqlで作成したデータベース名、ユーザ名、ホスト名、パスワードを割り当てます。

 
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'admin');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');
 

【WordPress導入】

 WordPressファイルをwwwディレクトリにコピーします

 
 cp -fr /home/wordpress/* /var/www/html/
 
 
 WebブラウザにてWordPressサーバにアクセスします。

 http://[WordPressサーバのIPアドレス]/wp-admin/install.php

  サイト名、ユーザ名、パスワード、メールアドレス入力画面を入力します。
 最後のチェックボックスはチェックを入れることで検索エンジンに引っかかるようです。

 ログインすると下記ダッシュボードが表示されました。
 なんとなくわかりやすいですね




 何も編集していなくても下記のようなブログサイトができています。
 おお、よく見る構成ですね



 

0 件のコメント:

コメントを投稿