2016年2月4日木曜日

ChromiumOSをインストールする。

興味本位でChromeOSのOSS版のChromiumOSをインストールする手順について確認しました。
ChromiumOSは以下の環境でビルドを行い、USBにイメージをコピーします。
結構時間かかりました。

Ubuntu14.04
※ディスクは60GB程必要。VMwarePlayerで仮想マシンにて実施

※rootユーザで実行すると失敗します。

前提となるパッケージ類のインストールを行います。


sudo apt-get install aptitude
sudo aptitude install git-core gitk git-gui subversion curl
git clone https://chromium.googlesource.com/chromium/tools/depot_tools.git
export PATH=`pwd`/depot_tools:"$PATH"

cd /tmp
cat > ./sudo_editor <<EOF
#!/bin/sh
echo Defaults \!tty_tickets > \$1          # Entering your password in one shell affects all shells
echo Defaults timestamp_timeout=180 >> \$1 # Time between re-requesting your password, in minutes
EOF
chmod +x ./sudo_editor
sudo EDITOR=./sudo_editor visudo -f /etc/sudoers.d/relax_requirements


ソースファイルを取得します。


git config --global user.name "name"
git config --global user.email "name@example.com"
cd ${SOURCE_REPO}
repo init -u https://chromium.googlesource.com/chromiumos/manifest.git
repo sync #数時間かかります


Chromium OSをビルドします。


cd ${SOURCE_REPO}
export BOARD=amd64-generic
./cros_sdk -- ./build_packages --board=${BOARD}
cros_sdk -- ./build_image --board=${BOARD}
#1時間かかります

USBマウントしてUSBにデータ書き込みます。


cros_sdk -- cros flash --board=${BOARD} usb://
#上記実行後USBメモリを選択します
#0%の進捗から数分後一気に100%となります。

USBメモリを適当なノートPCに差し込んで問題なく起動しました。

VMwarePlayerやVirtualBoxでは動作しませんでした。
なにか裏ワザあるのでしょうね。





0 件のコメント:

コメントを投稿