2015年11月2日月曜日

Zabbix3.0(アルファ版)をインストールする

Zabbix3.0アルファ版がリリースされていましたので試しにインストールしてみました。

ダウンロードページ(ソースのみ)
http://www.zabbix.com/jp/download.php

マニュアル
https://www.zabbix.com/documentation/3.0/


仮想環境にCentOS 6.7 minimalでインストールしてzabbix3.0を導入します。

Selinuxを無効化


vi /etc/selinux/config


  SELINUX=disabled に

ファイアウォール無効化
 

  service iptables stop
 chkconfig iptables off
 chkconfig ip6tables off


サーバ再起動


 reboot


CentOS6がサポートしているのでCentOS6で最新化


/etc/yum.conf


 exclude=kernel* centos* #追記


yum update


gccインストール


yum --disableexcludes=main install gcc


apacheとmysqlその他もろもろインストール
(ソースから導入するので必要なパッケージが多くて面倒です・・・)

yum install php php-mysql httpd mysql-server mysql-devel libxml2-devel net-snmp net-snmp-devel curl-devel gettext


phpは5.4以上なので以下の要領でインストール


rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
yum install php --enablerepo=remi
yum install php-bcmath php-mbstring php-gd php-xmlwriter php-xmlreader --enablerepo=remi


Zabbixのインストール要件満たしているかバージョン確認

httpd -v #1.3.12以上
mysql -v #5.03以上
php -v #5.4.0以上

サービス有効化


chkconfig httpd on
chkconfig mysqld on


サービス起動


service httpd start
service mysqld start


ダウンロードしたソースを展開


tar -zxvf zabbix-3.0.0alpha.tar.gz


zabbixユーザ作成


groupadd zabbix
useradd -g zabbix zabbix


configure実行(とりあえず全機能)


./configure --enable-server --enable-agent --with-mysql --enable-ipv6 --with-net-snmp --with-libcurl --with-libxml2


インストール実施


make install


設定ファイル編集


vi /usr/local/etc/zabbix_server.conf


DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix

zabbix起動


zabbix_server
zabbix_agentd


vi /etc/php.ini の編集


post_max_size = 16M
max_execution_time = 300
max_input_time = 300
date.timezone = Asia/Tokyo


webコンソールのインストール


cd /var/www/html/
mkdir zabbix
cd /home/zabbix-3.0.0alpha3/frontends/php
cp -a . /var/www/html/zabbix/
cd /var/www/html/zabbix
cd locale
./make_mo.sh


データベース作成


mysql -uroot
> create database zabbix character set utf8;
> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';


スキーマインポート


cd [解凍先]/zabbix-3.0.0alpha3/database/mysql/
mysql -uroot zabbix < schema.sql
mysql -uroot zabbix < images.sql
mysql -uroot zabbix < data.sql


Webブラウザで以下の要領でzabbixWebコンソールにログインします。


http://[zabbixサーバのIPアドレス]/zabbix


welcome to Zabbix 3.0 で「Next step」をクリック
Check of pre-requisites ですべてOKであることを確認して「Next step」をクリック
Configure DB connectionでpasswordにzabbix(vi /usr/local/etc/zabbix_server.confのDBPasswordの値)と入力して「Next step」をクリック
Zabbix server detailsでzabbixサーバの詳細(省略可)を入力して「Next step」をクリック
Pre-installation summaryで「Next step」をクリック
Cannot create the configuration file.となり失敗したっぽいですが画面にある通りの手順を実行します。
「Download the configuration file」のリンクでphpファイルをダウンロード
下記ディレクトリに「zabbix.conf.php」をアップロード


 /var/www/html/zabbix/conf/


そのまま「Next step」とすると権限で怒られたので以下コマンドを実行。


 chmod 755 /var/www/html/zabbix/conf/zabbix.conf.php


ログイン画面が表示されました「admin/zabbix」でログイン

コンソール画面が表示された。

[Administration]-[User groups]-[Admin]から言語を日本語に変更する。

再ログインすると日本語表示に。

青い画面になりました。かっこいいですね

再起動後はzabbix_serverを実行しないとzabbixが起動しませんでした。
この辺は作りこみですかね。。。



0 件のコメント:

コメントを投稿