2015年10月28日水曜日

ProxmoxVE4.0をクラスタ構成にする

下記URLを参考にProxmox VE4.0でクラスタを構成しました。

https://pve.proxmox.com/wiki/Proxmox_VE_4.x_Cluster

クラスタ構成については旧バージョンに比べて非常に簡単になりました。
コマンド4発でOKです。

【Proxmox1台目】
以下コマンドでクラスタグループを作成します。

 pvecm create [クラスタ名]

【Proxmox2台目】
以下コマンドでクラスタグループに参加します。

 pvecm add [Proxmox1台目のIPアドレス]

【Proxmox3台目】
以下コマンドでクラスタグループに参加します。

 pvecm add [Proxmox1台目のIPアドレス]

以下コマンドでクラスタの参加状況を確認します。

 pvecm status

続いてHAの設定を行います。

https://pve.proxmox.com/wiki/High_Availability_Cluster_4.x

こちらはコマンド3発でHA対象の仮想マシンorコンテナのIDにて以下コマンドを実行します。

 ha-manager add vm:100
 ha-manager enable vm:100

HAの検証についてはProxmoxのWebコンソールやコマンドで仮想ホストを再起動、停止してもHAとみなされないです。
今回はESXi上でProxmoxを稼働させてたので「パワーオフ」を実行しました。
実行後、3-5分程度で仮想マシンがフェールオーバーしました。

クラスタ2台構成でもやってみましたがフェールオーバーがうまくいきませんでした・・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿