2015年10月22日木曜日

ESXi Embedded Host Clientを試す

2か月前の情報で恐縮ですがESXi Embedded Host ClientというvSphereCleint不要で
ESXiにコンソール接続できるツールが公開されております。
(Flingということでサポートはないですね)

ESXi Embedded Host Client
https://labs.vmware.com/flings/esxi-embedded-host-client

ESXi6.0環境で試してみました。

上記URLにアクセスして「DOWNLOAD」からvibをダウンロードします。
ダウンロードしたvibをESXi上にアップロードします。
下記コマンドでvibを適用します。(適用に数分かかります。メンテナンスモード、再起動不要)

 esxcli software vib update -v /[アップロード先ディレクトリ]/esxui-3015331.vib

下記URLにてログインします

 https://[ESXiIPアドレス]/ui/

vSphereWebClientチックな画面が表示されました。
JavaではなくHTML5なのもうれしいですね
※raspberry piからの接続では厳しそうです
日本語には対応してませんかね

今のところできること/できないことは以下のような感じです。

【できること】
仮想ホスト
 構成、リソース確認
 停止、再起動、メンテナンスモード切替
 SSH有効、無効
 ロックダウンモード有効、無効
 ライセンスの編集
 NTPの設定
 サービスの有効、無効
 詳細パラメータ値の編集
 パフォーマンス、ハードウェア、各種ログイベントの確認

仮想マシン
 新規作成、OVFテンプレートのデプロイ
 起動、停止、サスペンド、リセット、リネーム
 コンソール表示
 設定の編集
 スナップショットの作成
 設定の編集(停止時のみ)
 VMwareToolsのインストール
 CD/DVDマウント
 仮想マシンの削除
 VMRC経由でのコンソールの表示
 
ストレージ
 ストレージの追加、削除、リネーム
 ストレージのブラウザ(内部参照)
 ファイルアップロード、ダウンロード
 データストアの拡張
 デバイスの確認
スイッチ
 仮想スイッチの追加、編集、削除
 VLANの割り当て
 ファイアウォールの編集

【できないこと】
仮想ハードウェアのアップグレード
起動中の仮想マシンの設定の編集
iSCSIの追加、設定の編集
ユーザの割り当て、権限追加
DNSの設定
vSwitchの詳細(ポート数やチーミング)

できないことについてはコマンドラインでも実現可能なのでvSphereClientなしでも
十分運用可能と思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿