2015年6月10日水曜日

PrandoraFMSでLinux監視(エージェント)

Linux(CentOS)にPandoraAgentを導入してリソースを監視します。

無償版ではエージェント経由の監視はエージェント側のconfファイルでのみ制御できます。
サーバ側から監視設定を行う場合はEnterpriseエディションの購入が必要です。

以下のURLに丁寧に記載されています。

http://wiki.pandorafms.com/index.php?title=Pandora:Documentation_ja:Operations

【サーバ側の準備】
下記サービスを開始します。


service tentacle_serverd start


【エージェントインストール】


/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo に以下を追加します。


[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

[EPEL]
Name = EPEL
baseurl = http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch/
enabled = 1
gpgcheck = 0


yum makecache コマンドを実行します。

/etc/yum.repos.d/pandorafms.repo を作成し、下記を追加します。


[artica_pandorafms]
name=CentOS6 - PandoraFMS official repo
baseurl=http://artica.es/centos6
gpgcheck=0
enabled=1


yum makecache コマンドを実行します。

下記コマンドでインストールします。


yum install pandorafms_agent_unix


構成ファイルを修正します。


vi /etc/pandora/pandora_agent.conf


server_ip  をPandoraFMSサーバのIPアドレスに変更します。

サービスを起動します。


service pandora_agent_daemon start


Pandoraコンソールの「モニタリング管理」からLinuxサーバが登録されたことを確認します。

各監視項目はpandora_agent.confファイルに記載することで反映されます。
詳細は以下を参照ください。

http://wiki.pandorafms.com/index.php?title=Pandora:Documentation_ja:Operations

0 件のコメント:

コメントを投稿