2015年4月14日火曜日

Windows版Vagrantを他の仮想ソフトで使用する。


以下、検証してみました。

【Vagrantファイルの実体】
C:\Users\[ユーザ名]\.vagrant.d\boxes\[仮想マシン名]\0\virtualbox

【VirtualBox】
下記の通り、Vagrantで実行した仮想マシンはVirtualBoxのコンソールに登録されているのでそのまま使用できます。




【VMwarePlayer】
Vagrantのvmdkファイルをインポートすることで使用可能です。
インポート時にエラーが発生する場合は「再試行」することでリトライできます。
仮想マシン名は「box」になります。

【ESX Server】
VMwarePlayerの仮想マシンをvCenterConverterでV2Vすることで使用可能です。


【Openstack】
vmdkファイルの「インポート」で普通に使用できました。

vagrant、便利ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿