2015年4月3日金曜日

vagrantでfulentdを試す

こちらも既出と思いますが・・・。

vagrant box add コマンドで2仮想サーバを作成します。

vagrant共有フォルダに td.repoファイルを格納します。

[treasuredata]
name=TreasureData
baseurl=http://packages.treasuredata.com/2/redhat/$releasever/$basearch
gpgcheck=1
gpgkey=http://packages.treasuredata.com/GPG-KEY-td-agent

【fluentd(受信)】

bootstrap.shを以下で作成

 #!/bin/bash
 sudo su
 cp /vagrant/td.repo /etc/yum.repos.d/td.repo
 yum -y install td-agent
 service td-agent start
 chkconfig td-agent on

Vagrantfile に以下を追記

  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
  config.vm.provision :shell, path: "bootstrap.sh"

【fluentd(受信)兼webサーバ】

bootstrap.shを以下で作成

 #!/bin/bash
 sudo su
 yum install httpd -y
 rm -rf /var/www/html
 ln -fs /vagrant /var/www/html
 cp /vagrant/td.repo /etc/yum.repos.d/td.repo
 yum -y install td-agent
 service td-agent start
 chkconfig td-agent on

Vagrantfile に以下を追記

  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  config.vm.provision :shell, path: "bootstrap.sh"
  config.vm.network :forwarded_port, guest: 80, host: 1234
   

vagrant upで2台の仮想マシンを起動します。

ファイアウォールを停止します。

 service iptables stop
 chkconfig iptables off
 
【fluentd(受信)】

td-agentd.confを修正します。
下記以外はすべてコメントアウトします。

vi /etc/td-agent/td-agent.conf

 <source>
 type forward
 port 24224
 </source>

 <match httpd.access>
 type file
 path /var/log/td-agent/httpd
 </match>

td-agentを再起動します。

 service td-agent restart
 
【fluentd(受信)兼webサーバ】

  /var/www/html/フォルダにテスト用htmlファイルを作成します。
 
td-agentd.confを修正します。
下記以外はすべてコメントアウトします。

vi /etc/td-agent/td-agent.conf

 <source>
  type tail
  format apache
  path /var/log/httpd-access.log
  tag httpd.access
 </source>
 <match httpd.access>
  type forward
  host 192.168.33.10
  port 24224
  </match>
 
ログのアクセス権を変更します。

chmod 755 /var/log/httpd/access_log
chmod 755 /var/log/httpd/

td-agentを再起動します。

 service td-agent restart
 
http://127.0.0.1:1234 にアクセスします。

 fulentd(受信)仮想マシンの以下フォルダにログが格納されます。

 /var/log/td-agent/httpd*

うまくいかない場合は/var/log/td-agent/td-agent.logを参照してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿