2015年4月22日水曜日

DockerコンテナでPostfix+Dovecotを導入する(1台構成)


DockerコンテナにPostfix + Dovecotを導入してみました。

Dockerコンテナを起動+固定IPを割り当てます。

docker start smtp1
pipework br0 smtp1 172.17.0.101/16@172.17.42.1
docker attach smtp1

postfixとDovecotを導入します。

yum -y install postfix dovecot

Postfix の構成ファイルを修正します。(抜粋
メールドメイン:smtp1.co.jp

vi /etc/postfix/main.cf

 myhostname = test01.smtp1.co.jp
 mydomain = smtp1.co.jp
 myorigin = $mydomain
 inet_interfaces = all #同パラメータはコメントアウト
 mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain #同パラメータはコメントアウト
 mynetworks = 172.17.0.0/16, 127.0.0.0/8
 home_mailbox = Maildir/
 
Dovecotの構成ファイルを修正します。(抜粋

vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

 mail_location = maildir:~/Maildir
 
vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

 disable_plaintext_auth = no
 
vi /etc/dovecot/dovecot.conf

 protocols = imap imaps
 
vi /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf

   # Postfix smtp-auth
  unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
    mode = 0660
    user = postfix
    group = postfix

  }

メールユーザを作成します・

useradd -s /sbin/nologin sample1
passwd sample1

ファイアウォールを停止します。

service iptables stop
chkconfig iptables off

サービスを起動します。

service postfix start
chkconfig postfix on
service dovecot start
chkconfig dovecot on

メールクライアントでsample1ユーザでログインします。
(ThunderbirdだとSSLの警告がでますが無視します。)

自分から自分にメール疎通確認します。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿