2015年3月18日水曜日

CentOS6.6にOpenstack(icehouse)を導入する。

自宅のIntelNUC(Corei3 16GBメモリ128GB SSD)にCentOS6.6を導入後、Openstack環境を構築しました。

SELINUXをpermissiveモードに変更します。

vi /etc/selinux/config

 SELINUX=permissive

sysctl.confの下記3行の値を追記、変更します。

vi /etc/sysctl.conf

net.ipv4.ip_forward=1
net.ipv4.conf.all.rp_filter=0
net.ipv4.conf.default.rp_filter=0

 
Openstackパッケージをダウンロード/インストールします。

yum install -y http://rdo.fedorapeople.org/openstack-icehouse/rdo-release-icehouse.rpm
yum install -y openstack-packstack
yum update -y
reboot

Openstackをallinoneで構築します。

packstack --allinone

Openstackをカスタム構築したい場合は下記のようにanswerファイルを作成し、実行します。

packstack --gen-answer-file answer.txt
packstack --answer-file=answer.txt

adminの初期パスワードを変更します。

source /root/keystonerc_admin
keystone user-password-update admin
vi /root/keystonerc_admin

 export OS_PASSWORD=**********
 
Openstack内仮想マシンが外部と通信できるようにブリッジ設定をします。

 vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br-ex
 
 DEVICE=br-ex
DEVICETYPE=ovs
TYPE=OVSBridge
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.100.99 #eth0の設定
NETMASK=255.255.255.0 #eth0の設定
GATEWAY=192.168.100.1 #eth0の設定
ONBOOT=yes #eth0の設定
DNS1=192.168.100.1 #eth0の設定

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
TYPE=OVSPort
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
OVS_BRIDGE=br-ex
DEVICETYPE=ovs

reboot

Webブラウザから下記URLで接続します。

http://[OpenstackサーバのIPアドレス]/dashboard

adminでログインします。








なんか動作がもっさりしていますがログオンできました。




0 件のコメント:

コメントを投稿