2014年12月3日水曜日

Proxmox VE 3.3 をインストールする


2014年9月15日にリリースされたので今更感がありますが・・・。
何が変わったかは以下に紹介分があります。
http://gihyo.jp/admin/clip/01/linux_dt/201409/17
個人的にはHTML5コンソールがとても良いと感じています。
Webブラウザで簡単に仮想環境の構築が可能となり仮想マシンの操作もシームレスです。
OpenstackやDockerを少し触ってからのためかなおさらProxmoxの使いやすさを実感しました。
なんで流行らないのかね・・・。
ではインストール手順を紹介します。
下記URLからisoイメージ「のProxmoxは3.3、ISOインストーラのVE 」をダウンロードします。
http://www.proxmox.com/ja/downloads
※日本語サイトはいまいちですね。
ダウンロード後、VMwarePlayerでインストールします。
ゲストOSは「他のLinux2.6カーネル」で良いかと
プロセッサの設定で「Intel VT-x/EPTまたはAMD-V/RVIを仮想化」にチェックを入れると
64bitの仮想マシンもVMwarePlayer内のProxmoxVEで構築できます。
メモリは512MBでも動きました。

boot:でエンターを押します。

END USER LICENSE AGREEMENT(EULA)で 「I agree」を押します。

インストールするHDDを選択します。(画像はHDD1台のため選択の余地なし)

ロケーションで Country に「japan」と入力します。Time zone/Keyboard Layoutは自動反映されます。

rootパスワードを入力します。EmailはでたらめでもOK

Hostnameはデフォルトでは怒られるのでIPアドレスと同様に環境に合わせて変更下さい。

インストールがはじまります。

reboot を押します。

下記コンソールが表示されるので表示されているURLにアクセスします。

個人的にはFireFoxがお勧めです。
Language を「Japanese」に変更してログインします。
No valid subscription 警告は無視して「OK」をクリックします。
コンソールが開きました。


3.1との違いは過去ブログを参照ください。

HTML5で動作するためIE9ではWebコンソールが開かないのでご注意を※
※動かす方法もあるみたいですね

0 件のコメント:

コメントを投稿