2014年11月30日日曜日

Openflowスイッチの構築メモ


Openflowスイッチの構築メモです。
こちらはCentOS6.4で構築しています。
 
yumm install -y kernel-debug-devel automake rpm-build redhat-rpm-config libtool git

cd /usr/local/src

yum -y install wget

wget http://openvswitch.org/releases/openvswitch-1.10.0.tar.gz

tar zxvf openvswitch-1.10.0.tar.gz

mkdir -p ~/rpmbuild/SOURCES

cp openvswitch-1.10.0.tar.gz ~/rpmbuild/SOURCES/

cd openvswitch-1.10.0

cp rhel/openvswitch-kmod.files ~/rpmbuild/SOURCES/

rpmbuild -bb rhel/openvswitch.spec

rpmbuild -bb rhel/openvswitch-kmod-rhel6.spec

sudo yum install ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/openvswitch-1.10.0-1.x86_64.rpm ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/kmod-openvswitch-1.10.0-1.el6.x86_64.rpm  -y

sudo service openvswitch start

sudo ovs-vsctl show

Openflowコントローラの構築メモ

Openflowについて勉強したので忘備録します。
なんか、情報が少ないので流行ってないのかな・・・?


ubuntu14.04でのOpenflowコントローラの構築メモです。
ubuntuでは以下コマンドで可能。

sudo apt-get install git gcc make ruby  ruby-dev irb libpcap-dev libsqlite3-dev

sudo gem install rdoc-data ; sudo rdoc-data --install

sudo gem install rubygems-update -v 1.8.25

sudo update_rubygems

sudo apt-get install glib-2.0

sudo gem install trema -p

近況

現場のほうがバタバタしていてブログが止まってました・・・。
google先生で検索すると私のブログを参照していただいている方がいて
Qiitaでも紹介いただいており非常にうれしく思っています。

なんかOSSで商売したいなあ。。。