2014年6月24日火曜日

CentOS6.5自分メモ【ソフトウェアRAID】

ソフトウェアRAID設定の覚書です。
おそらく本番で使うことはないだろうと思いますが・・・

fdisk でRAID用のパーティションを作成します。
fdisk /dev/sdb
n → p →  1 →  t →  fdv w の順にLinuxRAID自動検出用パーティションを作成
mdadmコマンドでRAID構築下記はRAID1の例
mdadm --create /dev/md0 --level=1 --raid-devices=2 /dev/sd[bc]1

mdadm: Note: this array has metadata at the start and
    may not be suitable as a boot device.  If you plan to
    store '/boot' on this device please ensure that
    your boot-loader understands md/v1.x metadata, or use
    --metadata=0.90
Continue creating array? y

mdadm: Defaulting to version 1.2 metadata
mdadm: array /dev/md0 started.

cat /proc/mdstat でRAIDフォーマット進捗状況を確認

mdadm --detail --scan >> /etc/mdadm.conf でRAID情報を追記

mkfs -t ext3 /dev/md0 でファイルシステム作成
mount -t ext3 /dev/md0 /data で/dataにマウント

以下はRAIDの解除
umount /data
mdadm --misc --stop /dev/md0
mdadm --misc --zero-superblock /dev/sd[bc]1

0 件のコメント:

コメントを投稿