2014年6月24日火曜日

CentOS6.5自分メモ【drbd83】

heartbeatの検証をするにあたりクラスタDBnの構築が必要となったためdrbdを構築します。
当然ですがCentOS6.5×2構成です。

クラスタ用ディスク(5GB)を2台のサーバに追加

fdisk /dev/sdb
pvcreate /dev/sdb1
vgcreate db /dev/sdb1
lvcreate -L 4.99G -n dbtest db

【プライマリ/セカンダリ共通】

DRBD83をインストール
wget http://www.elrepo.org/elrepo-release-6-6.el6.elrepo.noarch.rpm
rpm -Uvh elrepo-release-6-6.el6.elrepo.noarch.rpm
yum install drbd83 kmod-drbd83

uname -n コマンドでホスト名確認

vi /etc/drbd.conf で以下を記載

===
global { usage-count yes; }
common { syncer { rate 10M; } }
resource r0 {
    protocol C;
    startup {
         degr-wfc-timeout 120;
    }
    net {
         cram-hmac-alg sha1;
         shared-secret "FooFunFactory";
    }
    on srv1.localdomain {              ←プライマリCentOSのuname -n コマンドの結果
         device    /dev/drbd0;        
         disk      /dev/db/db;     ←クラスタ用LVMディスク
         address   192.168.182.152:7789;←プライマリCentOSのIPアドレス
         meta-disk  internal;
    }
    on srv2.localdomain {        ←セカンダリCentOSのuname -n コマンドの結果
         device    /dev/drbd0;     
         disk      /dev/db/db;     ←クラスタ用LVMディスク
         address   192.168.182.153:7789;←セカンダリCentOSのIPアドレス
         meta-disk  internal;
    }
}
===

デバイス作成
drbdadm create-md r0

サービス起動
chkconfig drbd on
service drbd start

ステータス確認
/etc/init.d/drbd status


【プライマリで実施】
初期化
drbdadm -- --overwrite-data-of-peer primary all

ファイルシステム作成
mkfs -t ext3 /dev/drbd0

マウントポイント作成
mkdir -p /mnt/drbd0

マウント
mount /dev/drbd0 /mnt/drbd0

セカンダリ準備
umount /dev/drbd0
drbdadm secondary all

【セカンダリで実施】
マウントポイント作成
mkdir -p /mnt/drbd0

マウント
drbdadm primary all
mount /dev/drbd0 /mnt/drbd0

セカンダリ切り替え
umount /dev/drbd0
drbdadm secondary all

【プライマリで実施】
マウント
drbdadm primary all
mount /dev/drbd0 /mnt/drbd0

MSCSより簡単な気がしますね

0 件のコメント:

コメントを投稿