2014年3月7日金曜日

zabbixで監視する(Windows)

zabbixでWindowsを監視する手順について記載します。

zabbix-agentを監視対象のWindowsにインストールします。
今回はWindows7を監視します。
Windowsファイアウォールを有効にしている場合はTCPポート10050を開放します。

下記URLからWindows(all)のzabbixエージェントをダウンロードします。

http://www.zabbix.com/jp/download.php

zabbix_agents_2.2.1.win.zipを解凍します。

confフォルダ配下の「zabbix_agentd.win.conf」を「zabbix_agentd.conf」にリネームして以下の設定を行います。

 LogFile=[ログ格納場所]
 Server=[zabbixサーバのIPアドレス]
 Hostname=[監視対象windowsのホスト名]
 ListenIP=[監視対象WindowsのIPアドレス]

confファイルをbin配下のwin32またはwin64のexeが格納されているフォルダにコピーします。
監視対象のWindowsが32bitの場合はwin32フォルダを64bitの場合はwin64フォルダをそれぞれCドライブ直下にコピーします。

コマンドプロンプトを「管理者として実行」します。

コマンドからzabbix_agentd.exeを実行します

zabbix_agentd.exe -i -c [zabbix_agentd.confをフルパスで]

以下の結果が返ってきたらインストール成功です
※アンインストールする場合はzabbix_agentd.exe -d

 zabbix_agentd.exe [XXXX]: service [Zabbix Agent] installed successfully
 zabbix_agentd.exe [XXXX]: event source [Zabbix Agent] installed successfully

[コンピュータ]-[管理]-[サービスとアプリケーション]-[サービス]を選択します。
サービス[zabbix-agent]を右クリックして「開始」をクリックします。

zabbixにログインします。

[設定]-[ホスト]から[ホストの作成]をクリックします。

以下の項目を設定して「保存」をクリックします。
「ホスト」タブ
 ホスト名・・・監視対象サーバのホスト名
 表示名・・・監視対象サーバの識別子
 所属グループ・・・Discoverd hostsを選択
 IPアドレス・・・監視対象サーバのIPアドレス
  DNS名・・・監視対象サーバのホスト名
「テンプレート」
 「新規テンプレートをリンク」欄に「Template OS Windows」と入力して「追加」

ホストが登録されました。
以下の列に数値が反映されています。
 アプリケーション・・・監視対象リソース(CPU、メモリなど)
 アイテム・・・監視対象リソースの詳細(さらに詳細なリソース)
 トリガー・・・しきい値を設定して超過した場合に警告を生成
 グラフ・・・グラフを作成する値を選択
 ディスカバリ・・・監視対象を探す方法
 Web・・・Webページの監視を行う場合に設定

2,3分待って「監視データ」-「最新データ」をクリックするとTemplate OS Windowsに登録されたリソースが収集されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿