2014年3月7日金曜日

zabbixで監視する(ESX)

zabbixでESXサーバを監視する手順について記載します。


zabbixでESXサーバを記載する前に以下の準備が必要です。

 libxml2のインストール

yum install libxml2-devel libcurl-devel

vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf に以下の設定追加

StartVMwareCollectors=1


zabbixにログインします。

[設定]-[ホスト]から[ホストの作成]をクリックします。

以下の項目を設定して「保存」をクリックします。
「ホスト」タブ
 ホスト名・・・監視対象サーバのホスト名・・・ではなく別の名前
 表示名・・・監視対象サーバの識別子
 所属グループ・・・Hypervisorsを選択
 IPアドレス・・・監視対象サーバのIPアドレス
  DNS名・・・監視対象サーバのホスト名
「テンプレート」
 「新規テンプレートをリンク」欄に「Template Virt VMware」と入力して「追加」
「マクロ」
 以下を追加
  {$USERNAME} ・・・root
  {$PASSWORD} ・・・rootのパスワード
  {$URL} ・・・https://[ESXのIPアドレス]/sdk

ホストが登録されました。
以下の列に数値が反映されています。
 アプリケーション・・・監視対象リソース(CPU、メモリなど)
 アイテム・・・監視対象リソースの詳細(さらに詳細なリソース)
 トリガー・・・しきい値を設定して超過した場合に警告を生成
 グラフ・・・グラフを作成する値を選択
 ディスカバリ・・・監視対象を探す方法
 Web・・・Webページの監視を行う場合に設定

60分待って「監視データ」-「最新データ」をクリックするとTemplate Virt VMwareに登録されたリソースが収集されます。

また、オートディスカバリ機能によってハイパーバイザと仮想マシンの情報も自動収集されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿