2014年3月7日金曜日

zabbixをインストールする

zabbixは無料(OSS)のサーバ、ネットワーク監視ソフトウェアです。

URL:http://www.zabbix.com/jp/

上記URLにKVM形式で提供されているのでproxmoxに組み込んで監視ができそうです。

お勉強のため一からインストールしてみます。

仮想環境にCentOS 6.4 minimalでインストール

Selinuxを無効化

 /etc/selinux/config

  SELINUX=disabled に

サーバ再起動

 reboot

apacheとphpとmysqlインストール

yum install php php-mysql httpd mysql-server

サービス有効化

chkconfig httpd on
chkconfig mysqld on

サービス起動

service httpd start
service mysqld start

リポジトリをインストール

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

zabbixをインストール
yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql

データベース作成

mysql -uroot
> create database zabbix character set utf8;
> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';

スキーマインポート

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.2/create
mysql -uroot zabbix < schema.sql
mysql -uroot zabbix < images.sql
mysql -uroot zabbix < data.sql

設定hファイル編集

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix

vi /etc/php.ini

;date.timezone = を以下に変更
 date.timezone = Asia/Tokyo

サービス有効化

chkconfig zabbix-server on

サービス起動

service zabbix-server start


サービス再起動

service httpd restart

以下のURLに接続

http://[IPアドレス]/zabbix

Welcome画面が表示されるので「Next」をクリック

2. Check of pre-requisitesを確認


DBconnectionでユーザzabbix パスワード zabbixを入力して[Test connection]をクリック
※/etc/zabbix/zabbix_server.conf の設定です。

サーバホスト名を入力して「Next」をクリック

「Finish」をクリックして初期設定完了です。

ログイン画面です。admin/zabbixでログイン

初期は英語ページのため以下設定からadminパスワードとともに言語日本語に変更

Administration - Users - Members

0 件のコメント:

コメントを投稿