2014年1月13日月曜日

Proxmox ve(proxmox)にディスクを追加する(NFS)


NFSサーバを構築することでクラスタ構成のProxmox ve(proxmox)サーバを構築できます。
VMやCTをNFS共有フォルダに格納することで複数のProxmox ve(proxmox)間でオンラインマイグレーションができるようになります。

ちなみにProxmox ve(proxmox)でもNFSサーバは構築できるのでわざわざ専用のNASを構築する必要はありません。

以下ではProxmox ve(proxmox)にNFSサーバを構築してNFS経由でマウントする手順について説明します。

TeraTermでProxmox ve(proxmox)にログイン

apt-get install nfs-kernel-server を実行してNFSサーバをインストール

mkdir /disk2/nfs-disk でNFSマウントディレクトリを作成

vi /etc/exports で以下を追加
左から マウントポイント 接続許可するネットワーク(権限、遅延書き込み有効、root有効、サブツリーチェック無効) 

/disk2/nfs-disk  192.168.241.0/255.255.255.0(rw,async,no_root_squash,no_subtree_check)

exportfs -r を実行

service nfs-kernel-server restart を実行

Webコンソールに接続

データセンター - ストレージ - 追加 - NFSをクリック



IDにNFS サーバにNFSサーバのPROXMOX VEのIPアドレスを入力しEXPORTでリストボックスから/disk2/nfs-diskを選択し内容に全チェックして「追加」


左画面からNFSが追加されたことを確認




0 件のコメント:

コメントを投稿