2014年1月13日月曜日

Proxmox ve(proxmox)にディスクを追加する(LVM)

以下の手順でProxmox veにLVMを追加します。

ちなみにデフォルトではpveという名前でLVM構成済みです。

lvscanで確認します。

  ACTIVE            '/dev/pve/swap' [2.50 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/pve/root' [5.00 GiB] inherit
  ACTIVE            '/dev/pve/data' [9.50 GiB] inherit

SWAPとか含まれているのでpveをディスク領域にするのは危険なため新規にVGを追加します。

PROXMOX仮想マシンを停止して仮想ハードディスクを追加します。(/dev/sdcになる)

TeraTermでPROXMOX VEにログイン

fdisk -l を実行

Disk /dev/sdc:があることを確認

pvcreate /dev/sdc を実行
pvscan を実行

/dev/sdcがあることを確認。

  PV /dev/sda2   VG pve             lvm2 [19.50 GiB / 2.50 GiB free]
  PV /dev/sdc                       lvm2 [8.00 GiB]
  Total: 2 [27.50 GiB] / in use: 1 [19.50 GiB] / in no VG: 1 [8.00 GiB]

vgcreate PD /dev/sdc を実行してVG「PD」を作成して/dev/sdcを追加

lvcreate -l 100%FREE PD /dev/sdc を実行してLVを作成
LV dev/PD/lvol0 が作成される

mkfs.ext3 /dev/PD/lvol0 でext3にフォーマット

mkdir /PD でマウント用フォルダ作成
mount -t ext3  /dev/PD/lvol0 /PD でマウント

vi /etc/fstab で以下の行を追加(自動マウント)

/dev/PD/lvol0 /PD ext3 defaults 0 1

df -h でマウント確認

Webコンソールに接続

データセンター - ストレージ - 追加 - LVMをクリック


IDに「PD」 ボリュームグループから「PD」をノードで自ノードを選択して「追加」


左画面からPDが追加されたことを確認







0 件のコメント:

コメントを投稿