2014年1月31日金曜日

Proxmox ve (proxmox)をデスクトップ環境にする

proxmox veにX-windows環境(xfce4)を導入する手順について説明します。
デスクトップ環境を導入することで接続用クライアント不要でpromox veにアクセスできるようになります。

参考URLは以下
http://pve.proxmox.com/wiki/Developer_Workstations_with_Proxmox_VE_and_X11

X-windowsをインストールします。

aptitude update && aptitude full-upgrade
aptitude install xfce4 chromium lightdm

キーボードレイアウトでJapaneseを選択します


ユーザを追加します。

adduser [ユーザ名]

パスワード入力します。

ログインマネージャを起動します。

service lightdm start

proxmox veでGUIログインができるようになりました。


javaプラグインをインストールします。

aptitude install openjdk-7-jre icedtea-7-plugin


この時点では英語表示のままのため日本語環境を設定します。

日本語フォントをインストールします。

apt-get install ttf-kochi-gothic

日本語ロケールを設定します

dpkg-reconfigure locales 

ja_JP.UTF-8 UTF-8にスペースキーでチェックを入れてOkをクリックします


ja_JP.UTF-8 を選択してエンターキーを押します


作成したユーザでログイン、ログアウトします。

デスクトップ環境が日本語表示になります。


表示がおかしい場合は再起動してみてください。

次に日本語入力ができるようにします。

Mozcをインストールします。

apt-get install ibus-mozc

デスクトップ環境にログインします。

「アプリケーションメニュー」-「設定」-「IBusの設定」を選択します。


「インプットメソッド」タブから「インプットメソッドの選択」-「日本語」-「Mozc」を選択します。
「追加」をクリックします。


右上にインプットメソッドアイコンが追加されます。半角/全角キーで日本語切り替えができるようになります。
「アプリケーションメニュー」-「インターネット」-「Chromeウェブブラウザ」からproxmox webコンソールに接続できることを確認します。



0 件のコメント:

コメントを投稿