2014年1月16日木曜日

Proxmox ve (proxmox)で仮想マシンNIC追加(CENTOS)

仮想マシンにNICを追加します。

VMを停止します。
VMを選択してハードウェアタブ-追加-ネットワークデバイスを選択します。


今回はNATモードを選択して追加をクリックします。


ハードウェア一覧にネットワークデバイスが追加されたことを確認します。


VMを起動します。
以下のコマンドでeth1が追加されていることを確認します。

 cat /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

以下のコマンドでeth1の設定を追加します。

 cd /etc/sysconfig/network-scripts
 cp ifcfg-eth0  ifcfg-eth1
 vi  ifcfg-eth1

 #最低限以下の編集は必須
 DEVICE="eth1"
  HWADDR=[MACアドレス]

service network restartでネットワークサービス再起動

ifconfig eth1でネットワーク割り当て確認

DHCPで10.0.2.XXが割り当てられました。
上記はProxmox ve側でNAT設定を行っていない場合に自動的に割り当てられるIPアドレス範囲です。
当然、外部と通信はできません。

参考URL:http://pve.proxmox.com/wiki/Qm_manual

 If you specify no bridge, we create a kvm 'user' (NATed)

 network device, which provides DHCP and DNS services.
 The following addresses are used:
                 
 10.0.2.2   Gateway        
 10.0.2.3   DNS Server
 10.0.2.4   SMB Server
 The DHCP server assign addresses to the guest starting from
 10.0.2.15.




0 件のコメント:

コメントを投稿