2014年1月28日火曜日

Proxmox ve (proxmox)のクラスタ環境構築



Proxmox ve (proxmox)のクラスタ環境構築について記載します。
以下を参照

https://pve.proxmox.com/wiki/Proxmox_VE_2.0_Cluster


まず、Proxmox ve (proxmox)のクラスタ環境には最低3台のProxmox ve (proxmox)が必要になります。
(2台の構築手順もありますが推奨3台)

通常の手順で2台のクラスタ構成をした場合、仮想マシンのHAが有効になりませんでした。
2台でのクラスタ構成はおいおいやっていきたいと思いますが、まずは基本の3台でクラスタを構築します。

ホスト名とIPアドレスは以下の通りです
①proxmox.local 192.168.222.128
②proxmox2.local 192.168.222.129
③proxmox3.local 192.168.222.130

各ノードにTeratermでログインします。
vi /etc/hosts を実行します。

ノード間で名前解決できるようhostsに追記します。

192.168.222.128 proxmox.local proxmox pvelocalhost
192.168.222.129 proxmox2.local proxmox2
192.168.222.130 proxmox3.local proxmox3


192.168.222.129 proxmox2.local proxmox2 pvelocalhost
192.168.222.128 proxmox.local proxmox
192.168.222.130 proxmox3.local proxmox3


192.168.222.130 proxmox3.local proxmox3 pvelocalhost
192.168.222.128 proxmox.local proxmox
192.168.222.129 proxmox2.local proxmox2

①にTeratermでログインします。

以下のコマンドでクラスタ[PROCLUSTER]を作成します

pvecm create PROCLUSTER

root@proxmox:~# pvecm create PROCLUSTER
Restarting pve cluster filesystem: pve-cluster[dcdb] notice: wrote new cluster config '/etc/cluster/cluster.conf'
.
Starting cluster:
   Checking if cluster has been disabled at boot... [  OK  ]
   Checking Network Manager... [  OK  ]
   Global setup... [  OK  ]
   Loading kernel modules... [  OK  ]
   Mounting configfs... [  OK  ]
   Starting cman... [  OK  ]
   Waiting for quorum... [  OK  ]
   Starting fenced... [  OK  ]
   Starting dlm_controld... [  OK  ]
   Tuning DLM kernel config... [  OK  ]
   Unfencing self... [  OK  ]

②③にTeratermでログインします。

以下のコマンドで①のクラスタに参加します。

pvecm add 192.168.222.128

フィンガープリントの確認はyes
パスワードは①のパスワードを入力します。

The authenticity of host '192.168.222.128 (192.168.222.128)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? y
Please type 'yes' or 'no': yes
root@192.168.222.128's password:
copy corosync auth key
stopping pve-cluster service
Stopping pve cluster filesystem: pve-cluster.
backup old database
Starting pve cluster filesystem : pve-cluster.
Starting cluster:
   Checking if cluster has been disabled at boot... [  OK  ]
   Checking Network Manager... [  OK  ]
   Global setup... [  OK  ]
   Loading kernel modules... [  OK  ]
   Mounting configfs... [  OK  ]
   Starting cman... [  OK  ]
   Waiting for quorum... [  OK  ]
   Starting fenced... [  OK  ]
   Starting dlm_controld... [  OK  ]
   Tuning DLM kernel config... [  OK  ]
   Unfencing self... [  OK  ]
generating node certificates
merge known_hosts file
restart services
Restarting PVE Daemon: pvedaemon.
Restarting PVE API Proxy Server: pveproxy.
successfully added node 'proxmox2' to cluster.

①のTeratermで以下のコマンドを実行してノードが追加されたことを確認します。

 pvecm nodes

   1   M      4   2014-00-00 00:00:00  proxmox
   2   M      8   2014-00-00 00:00:00  proxmox2
   3   M     12   2014-00-00 00:00:00  proxmox3


①にProxmox ve (proxmox)のWebコンソールにログインします。

データセンター配下にPROXMOX2とPROXMOX3が追加されました。



ストレージ設定で共有を「はい」にしていると他のノードにもストレージアクセスができるようです。
データセンター - HAタブをクリックするとClusterの設定が有効になっていることが分かります。
NFSフォルダにCTを作成して起動します。
右上のマイグレートをクリックして他のノードにオンラインで移行できることを確認します。

クラスタの構成ファイルは以下にあります。

/etc/pve


クラスタ解除したい場合はクラスタを作成したノード①で以下のコマンドを実行してノードを解除します。

pvecm delnode proxmox2
pvecm delnode proxmox3

0 件のコメント:

コメントを投稿